ある日 突然・・・

30代も半ばを過ぎると、親の年齢もどんどん年を取ってきます。
私の両親はどちらもまだ健在ですが、還暦はとっくに超えており
父も昨年退職しました。
いよいよ老後ライフが始まっているわけですが
ここ最近母の体調が気にかかります。

母はこれまで大病をしたこともなく、健康そのもの
という人でしたがここ最近「緑内障」と診断されたのです。
緑内障?白内障?私は母にその病名を聞いても
ピンとこなかったのですが、ヤフーで検索すると      
緑内障は失明する危険性があるなど
恐ろしいことがたくさん書かれていたのです。

母がそんな大病になるなんて…と私も油断していたので
母以上にショックを受けてしまった私でした・・・・

母はここ数ヶ月なんとなく目が疲れる
見える範囲が狭くなっている気がする、
ぼやけて見えるようになったなどの自覚症状はあったそうなのです。
でもただの年のせいだろう、疲れがたまっているのだろう…と
検診を後回しにしていたところ
ある日突然頭痛や吐き気、眼痛、充血などの症状に襲われたとのことでした。

急いで近所のかかりつけの病院にいったところ
「大きい病院で検査をした方がよい」と言われて
その足で紹介状を持って総合病院を受診。
「緑内障」と診断されたのでした。

母を襲った突然の頭痛や吐き気、眼痛、充血は
急激に眼圧が上がったために起こった
急性緑内障と呼ばれるものだったのです。

緑内障になったらどんなふうに対処するべきか
私は血眼になって色々な本を読んだり
ネットで緑内障の治療について調べたりしました。
幸い母の場合は末期ではなく、早期での診断だったため
薬物療法から始まりました。
眼圧をコントロールするための点眼薬を毎日さしているそうです。

母は薬物治療を行っていますが、その他にもレーザー治療や
手術などを行う場合もあるそうです。

現在緑内障を完治させる薬は見つかっていません。
緑内障の治療は病気の進行をできるだけ遅らせることを目的に
行っています。
いったん損傷された視神経は回復することは不可能です。
母の視野がかけた部分も治ることはないのです。

緑内障になっても今までの生活と変わらず
毎日楽しく生活している方たくさんいらっしゃいます。
私がネットで色々な情報をリサーチしている時に見つけた
緑内障になりながらうまく付き合っていく方法を
紹介しているサイトは非常にためになりましたよ。

緑内障に関する情報を知るならこのサイト

緑内障は怖いけど、しっかり知識を持つことが大切だと知りました。

思い切りの良い決断

 

少しずつ暖かくなってきたので外に出る時間を多くしたら
やっぱり花粉の襲来で家戻ってからは大変。
花粉の時期だけは北海道に逃げていたい、と思うほど。

毎日暇さえあればネットばかり見ているわたし
もちろん自由な時間が溢れかえるほどあるので
ネットショッピングも目がいくようになった。

前から皮バッグで気に入った型のものを物色していて
あるブランドバッグを買うべきか否か、ずーっと考えている

私のお昼はいつも前の日残り物。
たまには一人で外に出て、ちょっと贅沢なランチを
頂いたりしたいけど、外でがんばっている主人を
思うと、やっぱり申し訳ないと、家でこじんまりと
ネットショッピングなんかをして楽しんでいる。

 

もともと結構贅沢な家庭で育ったので、小さい頃から
身の回りには良いものが溢れていた。

私が小学生の頃には我が家の居間には
回りの友達の中では珍しいソファーセットがドーンと
構えていたし、大きなオーディオセットもあって
休日ともなれば音楽鑑賞が趣味だった父は
朝からクラシックや吹奏楽の曲をかけて聴いていたのを
覚えている。

その影響で私もピアノ、フルートを経験して
大学も迷わず音大に進んで主席奏者としてリサイタルの
主役をしたこともあった。
結婚後は音楽関係からは離れてしまったので
今は昔、だけど。

 

そんな贅沢三昧で育った私だけど、今は無職なので
ちょっと高めのブランドバッグを買うのはちょっと
難しそう、と思って何気なく検索すると
私のような主婦にもキャッシングできるところがあるのを
発見。

良くテレビやラジオで聞くけれど、実際のところどんな
条件があって本当に借りれるのか?とずっと思っていたので
良い機会になりそう。

もともとブランドお宅ではないけれど、昔からエルメスが好きで
父が海外出張に出るたびに良くスカーフや小物を買ってきて
もらっていた。

学生時代にはもったいないくらい高いと思っていたバッグに
今になって狙いを定め、手に入れたいと思い始めた。
私のような主婦でも気軽に借りることができるところがあるみたい。

私みたいな低収入でもキャッシングできる方法はここでチェック!

でもキャッシングする前に主人に確認しないと・・・苦笑